初めてのコンタクトレンズ

初めてのコンタクトレンズ

コンタクトレンズを購入するには、まずは眼科で処方箋を作成してもらわないと、レンズを買うことはできません。

何故そんな面倒なことになっているかと言いますと、コンタクトレンズは高度管理医療機器というものに指定されているからです。

そのため、眼科で診察、検査をしてもらい処方箋を作ってもらいます。

眼科によっては処方箋が完成したら、その病院で作ってもらうことができるところもあります。

そうではない場合は、コンタクトレンズ販売しているお店で購入することになります。

コンタクトレンズはメガネとは違い消耗品とお考えください。

期限が切れたレンズを使用していると眼の病気になります。

起源をきっちり守り使っていってください。

定期的に眼科へ行って検査をしてもらうことも大切なことです。

安全に使っていても、自覚がない眼の病気になっていたりすることや、視力が落ちていることも考えられます。

コンタクトを買った後も、自分は大丈夫だからという楽観的な考えを持つのではなく、自分は大丈夫かもしれないけど自覚症状がないだけだから定期的に通う気持ちでいましょう。

コンタクトレンズのタイプ

コンタクトレンズを作ろうと眼科で処方箋を作ってもらいましたが、自分はどういったタイプがいいのか分かりません。

そういった場合はどうしたらいいのか?まずはコンタクトレンズにはどういった種類があるかを知ることで、自分にあったタイプを見つけることができるはずです。

ソフトタイプの1日だけの使い捨てタイプは滅多に使うことがない人にピッタリです。

他にも2週間使い捨てや1ヶ月のレンズもあります。

ソフトレンズは劣化が激しいのですが、着け易いので初心者の方でも使いやすいものです。

ハードタイプのレンズは、ソフトタイプとは違い長く使うことが出来る上に、眼に負担をかけ難い、手入れが簡単というメリットがあります。

日常的にコンタクトを利用する方は、ソフトよりもハードタイプの方がいいかもしれません。

コンタクトレンズの処方箋の情報

処方箋を作る前に、眼科医を相談してみるといいかもしれません。

眼に痛みや渇きがあった場合は、つけるのを止めて眼科へ行って診察してみてください。

コンタクトを装着していると普段の状態よりも、目が乾きやすいので定期的に目薬をさしておきましょう。